トップページ >  > 徳島県のインプラント歯科医院、おすすめは?

インプラントで徳島県の歯科医を選ぶポイント

徐々にインプラントを受ける方が増えています。歯科医師の間でも協会を作ったり勉強するなどして、デンタルクリニックでのインプラントに関する技術も進歩しています。痛みもなく安全なインプラントができるので安心です。インプラントで歯科医を選択するなら、確認したいポイントがいくつかあります。
確認したいことは技術力とアフターケアです。インプラントの症例が豊富な方が安心です。そして、インプラントした歯を長持ちさせるにはブラッシングなどが重要になるため、その指導を行ってくれるところが良いです。
このようなポイントを満たしたクリニックを紹介しています。インプラントの治療について疑問に思うこともあると思いますが、歯科医に電話をして質問してみると良いです。

徳島県で評判のインプラント歯科医院

徳島のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名和田歯科医院
住所徳島県鳴門市大麻町大谷字久原75の1
通いやすい地域徳島 鳴門市
郵便番号779-0302
院長名和田匡史
診察時間【月・火】9:00~12:00 13:30~19:00、【水 金】9:00~12:00 13:30~19:00、【土】9:00~12:00 13:30~17:30
休院日木曜午後・祝日・日曜
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名カマタ歯科クリニック
住所徳島県徳島市両国橋5-2
通いやすい地域徳島市
郵便番号770-0917
院長名鎌田 賢介
診察時間【月・火・水・金・土】9:00~13:00 14:30~18:00
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

徳島県のインプラント歯科医院について
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。 自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。 インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。 インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。 これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。 ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。 インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。 既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。 さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。 最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。 どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。 インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。 あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。 よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。 あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。 自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。 インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。 虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。 しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。 治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。 保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。 現状では最低線が十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。 一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。 いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。 院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。 歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。 ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。 見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが良いと言えます。 先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。 完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。 最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。 これは重要な事実です。 インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。 糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。
概要