トップページ >  > 静岡県のインプラント歯科医院、おすすめは?

インプラントで静岡県の歯科医院を選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをするという方が多くなっているようです。歯科医師の間でも協会を作ったり勉強するなどして、歯科クリニックでのインプラントも安全性が向上しています。痛みもなく安全なインプラントができるので安心です。インプラント治療を受ける歯科医を選択する際に、確認したいポイントがあります。
確認したいことはインプラント治療の経験や、治療後のフォローです。インプラントの症例が多い医院の方が信頼できます。また、インプラント治療後には歯周のケアをすることが大切です。そういった指導をしているクリニックを選びましょう。
これらのポイントをおさえた歯科医を紹介します。インプラント治療のことで不安に思うことなどがあるなら、歯科医に電話をして質問してみると良いです。

静岡県で評判のインプラント歯科医院

静岡のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名静岡駅前歯科クリニック
住所静岡県静岡市葵区御幸町6-11
通いやすい地域静岡市葵区
郵便番号420-0857
院長名望月 篤
診察時間【月・火・水・土】9:00~12:00 14:00~18:00、【金曜日】9:00~12:00 15:00~18:00
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

静岡県のインプラント歯科医院について
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。 とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。 歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。 がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。 毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。 人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。 人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。 手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。 数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。 もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。 急患でも診療を受けることが必要です。 一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。 地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。 また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。 ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。 何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。 インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。 プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。 高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。 患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。 歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。 どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。 麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。 手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。 検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。 保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。 それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。 あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。 治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。 インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。 両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。 人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。 もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。 インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。 まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。 高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。 それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。 本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。 インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。 この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。 また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。
概要