トップページ >  > 埼玉県でおすすめのインプラント歯科医院

インプラントで埼玉県の歯科クリニックを選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをするという方が多くなっているようです。最近では、歯科医院でのインプラント治療が進歩しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラント治療が普及してきました。インプラント治療でクリニックを選ぶなら、チェックしたいポイントが幾つかあります。
それはインプラント治療の経験や、治療後のフォローを行っていることです。インプラントの症例が多い医院の方が信頼できます。そして、インプラントの治療が完了した後はブラッシングが重要になります。そのようなアフターケアを行っている歯科医が良いです。
そのような点を抑えた歯科医を紹介します。インプラント治療のことで不安に思うことなどがあるなら、歯科医院に電話をして質問してみると良いです。

埼玉県で評判のインプラント歯科医院

埼玉のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名戸田えがお歯科
住所埼玉県戸田市下戸田1-18-2パティオ戸田公園2階
通いやすい地域埼玉 戸田市
郵便番号335-0011
院長名山口哲
診察時間【月・火・木・金】9:00~13:00 14:30~19:00、【土】9:00~17:00
休院日水曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名今井歯科
住所埼玉県八潮市大瀬1-2-1
通いやすい地域埼玉 八潮市
郵便番号340-0822
院長名今井恭一郎
診察時間【月~金】9:30~13:30 15:00~19:00、【土・日】9:30~13:30 15:00~18:00
休院日祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名フジ歯科医院
住所埼玉県吉川市川藤3283
通いやすい地域埼玉 吉川市
郵便番号342-0005
院長名藤田秀彦
診察時間【月~木】10:00~13:00 15:00~19:00、【土】9:00~12:00 13:00~17:00
休院日金曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名草加クレイン歯科クリニック
住所埼玉県草加市氷川町2102−3 ダイエー草加店 2F
通いやすい地域埼玉 草加市
郵便番号340-0034
院長名片桐健史
診察時間【月~日】10:00~20:00
休院日-
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名河野歯科クリニック
住所埼玉県川口市東川口2-6-5 井町ビル1F
通いやすい地域埼玉 川口市
郵便番号333-0801
院長名河野哲
診察時間【月・火・木・金】10:30~19:30、【土】10:30~19:00
休院日水曜・日曜・祝
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

埼玉県のインプラント歯科医院について
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。 さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。 今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。 誰でもインプラント治療ができるわけではありません。 その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。 保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。 そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。 インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。 人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。 二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。 ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。 隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。 インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。 たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。 歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。 麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。 切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。 術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。 化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。 どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。 食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。 インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。 インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。 治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。 劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。 日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。 その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。 治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。 どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。 インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。 一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。 インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。 一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。 長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。 このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。 希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。 けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。 歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。 現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。
概要