トップページ >  > 佐賀県のインプラントでおすすめの歯科医院は?

インプラントで佐賀県の歯科クリニックを選ぶポイント

年々とインプラント治療を受ける人が増えてきました。今までと比べるとデンタルクリニックでのインプラントの技術も向上しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラント治療を受けることが可能になっています。インプラントで歯科医を選択する際に、チェックしたいポイントが幾つかあります。
それは治療の実績とアフターケアを行っているかです。インプラント治療の実績が多いほど安心して治療を受けられます。それから、インプラントの治療が完了した後は歯周のケアをすることが大切です。その指導を行ってくれるところが良いです。
このような点で選んだクリニックを紹介しています。インプラントについて疑問に思うこともあると思いますが、歯科医に電話をして相談するのがおすすめです。

佐賀県で評判のインプラント歯科医院

佐賀のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名なりとみ歯科 佐賀県
住所佐賀県鳥栖市神辺町397-1
通いやすい地域佐賀 鳥栖市
郵便番号841-0004
院長名成富健剛
診察時間【月~金】9:00~13:00 14:30~18:30、【土】9:00~13:00
休院日日曜・祝日・第3土曜日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

佐賀県のインプラント歯科医院について
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。 インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。 局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。 麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。 もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。 とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。 それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。 こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。 厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。 手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。 医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。 人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。 義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。 残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。 そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。 インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。 それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。 多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。 メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。 従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。 インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。 考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。 実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。 徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。 これはなぜでしょうか。 一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。 ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。 新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。 ですが、難点もあるということに気を付けてください。 まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。 これは重要な事実です。 いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。 注意してください。 どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。 健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。 普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。 どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。 歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。 虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。 根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
概要
_