トップページ >  > 長崎県でインプラントならこの歯科医院がおすすめ

インプラントで長崎県の歯科医を選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをする人が増えてきました。今までと比べるとデンタルクリニックでのインプラントの技術も向上しています。かなり安全で質の高いインプラントが可能になっています。インプラントで歯科医を選択する際に、確認したいポイントがいくつかあります。
それは技術力とアフターケアを行っているかです。治療の経験が多い医院の方が信頼できます。そして、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングが重要になります。しっかりと説明や指導を行っている医院がおすすめです。
これらのポイントをおさえた歯科クリニックを紹介します。インプラントの治療について疑問に思うこともあると思いますが、クリニックに電話をして相談するのがおすすめです。

長崎県で評判のインプラント歯科医院

長崎のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名ふじた歯科
住所長崎県諫早市多良見町中里129-14
通いやすい地域長崎 諫早市
郵便番号859-0405
院長名藤田浩一
診察時間【月・火・水・金】9:30~13:00 15:00~19:00、【土】9:30~13:00 15:00~17:30
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

長崎県のインプラント歯科医院について
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。 どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。 切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。 術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。 インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。 治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。 インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。 歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。 全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。 かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。 それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。 入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。 人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。 義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。 治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。 この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。 インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。 欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。 いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。 一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。 治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。 さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。 インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。 美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。 今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。 インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。 せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。 しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。 さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。 言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。 特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。 食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。 インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。 異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。 歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。 歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。 インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。 インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。 インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。
概要