トップページ >  > 長野県のインプラントでおすすめの歯科医院は?

インプラントで長野県の歯科クリニックを選ぶポイント

年々とインプラント治療を受ける人が増えてきました。歯科技術は年々進歩するものですから、歯科クリニックでのインプラント治療が進歩しています。痛みもなく安全なインプラント治療ができるので安心です。インプラントで歯科医を選ぶときにはチェックしたいポイントが幾つかあります。
それはインプラント治療の実績と、ブラッシング指導などのアフターケアを行っていることです。インプラント治療の経験が多いほど安心して治療を受けられます。そして、インプラントした歯を長持ちさせるにはブラッシングが大切なので、その指導を行ってくれるところが良いです。
このようなポイントを満たした歯科医を紹介します。インプラントの治療について疑問に思うこともあると思いますが、歯科医に電話をして相談してみると良いです。

長野県で評判のインプラント歯科医院

長野のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名あるが歯科クリニック
住所長野県上伊那郡宮田村7556-25
通いやすい地域長野 伊那市、駒ヶ根市
郵便番号399-0400
院長名有賀 正治
診察時間【月・水・木・金】9:00~13:00 15:00~19:00、【火】9:00~12:30 15:30~19:00、【土】9:00~14:00
休院日土曜日午後・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

長野県のインプラント歯科医院について
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。 インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。 一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。 インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。 かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。 それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。 歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。 では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。 失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。 インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。 全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。 骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。 よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。 これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。 実は、かかる費用は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。 何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。 それでも、相場はあると言えます。 インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。 自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。 地域によってかなり料金は異なります。 また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。 いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。 高い費用も、一括払いには限りません。 クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。 どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。 両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。 保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。 手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。 簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。 虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。 しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。 忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。 それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。 こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。 代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。 ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。 これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。 他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
概要
_