トップページ >  > 京都府でインプラントするなら、この歯科医院

インプラントで京都府の歯科クリニックを選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをするという方が多くなっているようです。歯科医師の間でも協会を作ったり勉強するなどして、歯科医のインプラントも安全性が向上しています。かなり安全で質の高いインプラント治療が普及してきました。インプラント治療を受ける歯科医を選ぶなら、チェックしたいポイントが幾つかあります。
それはインプラント治療の実績と、ブラッシング指導などのアフターケアを行っているかです。インプラント治療の実績が豊富な方が安心です。そして、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングが大切なので、その指導を行ってくれるところが良いです。
これらのポイントをおさえた歯科クリニックを紹介します。インプラントについて疑問に思うことがある場合は、クリニックに電話をして相談してみると良いです。

京都府で評判のインプラント歯科医院

京都のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名タキノ歯科医院
住所京都県京都市右京区西京極佃田町20森川ビル2階
通いやすい地域京都市右京区
郵便番号615-0813
院長名瀧野 裕行
診察時間【月~金】9:30~13:30 15:00~19:00、【土】9:30~13:30
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

京都県のインプラント歯科医院について
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。 インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。 自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。 また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。 長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。 ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。 間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。 正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。 日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。 さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。 担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。 インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。 プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。 高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。 これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。 歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。 ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。 それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。 後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。 インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。 なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。 いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。 インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。 長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。 現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。 特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。 治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。 治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。 どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。 独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。 インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。 とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。 インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。 かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。 それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。 一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。 まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。 それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。 という段階を踏みます。 人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。 インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。 インプラントはメリットの大きい治療法です。 けれども、それと裏腹のデメリットもあります。 全ての患者に関わるのは、高額な費用です。 ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。 あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。 まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。
概要