トップページ >  > 熊本県のインプラント歯科医院、おすすめは?

インプラントで熊本県の歯科医院を選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをする方が増えています。最近では、歯科医のインプラントも安全性が向上しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラント治療を受けることが普及してきました。インプラントで歯科医を選択するなら、チェックしたいポイントが幾つかあります。
チェックしたいポイントは技術力とアフターケアです。治療の経験が多い医院の方が信頼できます。それから、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングなどが重要になるため、そのようなアフターケアを行っている歯科医が良いです。
このようなポイントを満たした歯科クリニックを紹介します。インプラントについて疑問に思うこともあると思いますが、歯科医院に電話をして質問してみると良いです。

熊本県で評判のインプラント歯科医院

熊本のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名やまさき歯科
住所熊本県熊本市中央区南熊本4-7-19
通いやすい地域熊本 熊本市
郵便番号860-0812
院長名山崎芳徳
診察時間【月・火・木・金】9:30~12:30 14:00~21:00、【水】9:30~12:30 午後休診 【土】9:00~12:30 14:00~17:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名みかわファミリー歯科
住所熊本県玉名郡和水町板楠7-7
通いやすい地域熊本 山鹿市、和水町、南関町
郵便番号861-0913
院長名長 繁生
診察時間【月・火・水・金・土】9:00~13:00 15:00~19:00
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

熊本県のインプラント歯科医院について
残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。 医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。 確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。 インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。 相場は地域によって異なります。 歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。 いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。 高い費用も、一括払いには限りません。 分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。 虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。 このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。 自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。 手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。 インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。 この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。 歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。 誰でもインプラント治療ができるわけではありません。 その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。 保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。 そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。 重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。 特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。 美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。 ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。 人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。 埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。 腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。 もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。 我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。 多くのメリットを知られるインプラント治療。 でも、そのマイナス面も知らなければなりません。 全ての患者に関わるのは、高額な費用です。 ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。 また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。 障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。 せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。 これでは折角のインプラントが台無しです。 理由としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。 より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。 代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。 ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。 周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
概要
_