トップページ >  > 神奈川県でインプラントならこの歯科医院がおすすめ

インプラントで神奈川県の歯科クリニックを選ぶポイント

年々とインプラント治療を受けるという方が多くなっているようです。最近では、歯科医院でのインプラントに関する技術も進歩しています。痛みもなく安全なインプラントが出来るようになってきました。インプラント治療を受ける歯科医を選択するなら、確認したいポイントがあります。
そのポイントとはインプラント治療の経験や、治療後のフォローです。治療の経験が豊富な方が安心です。そして、インプラントの治療が完了した後はブラッシングが重要になります。そういった指導をしているクリニックを選びましょう。
このような点で選んだ歯科医を紹介します。インプラント治療のことで疑問に思うことがある場合は、歯科医院に電話をして相談するのがおすすめです。

神奈川県で評判のインプラント歯科医院

神奈川のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名新横浜プリンスペペ歯科クリニック
住所神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目14-6 Daiwa上大岡ビル3階
通いやすい地域神奈川 横浜市港北区 新横浜
郵便番号233-0002
院長名白井 崇浩
診察時間【月~金】10:00~13:30 15:00~20:00、【土】10:00~13:00 14:00~18:00、【日】10:00~13:00 14:00~17:00
休院日祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名吉田歯科クリニック
住所神奈川県横浜市港南区港南台7-8-44
通いやすい地域神奈川 横浜市
郵便番号234-0054
院長名吉田健
診察時間【月~土】9:30~13:00 14:30~18:30
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

神奈川県のインプラント歯科医院について
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。 人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。 健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。 経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。 入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。 チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。 あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。 インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。 インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。 インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。 そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。 インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。 せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。 これでは折角のインプラントが台無しです。 理由としては、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。 こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。 インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。 相場は地域によって異なります。 歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。 忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。 多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。 現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。 骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。 インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。 また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。 インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。 上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。 こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。 インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。 長く根気のいるインプラント治療。 しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。 インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。 間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。 正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。 日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。 さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。 担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。 基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。 高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。 しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。 現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。 インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。 保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。 また、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。 そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。
概要
_