トップページ >  > 注目!香川県でインプラントするならこの歯科医院

インプラントで香川県の歯科医院を選ぶポイント

徐々にインプラントを受けるという方が多くなっているようです。最近では、歯科医院でのインプラント治療が進歩しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラントが可能になっています。インプラント治療でクリニックを選ぶときにはチェックしたいポイントがあります。
確認したいことは治療の実績とアフターケアを行っていることです。インプラント治療の実績が豊富な方が安心です。そして、インプラントの治療が完了した後はブラッシングが重要になります。しっかりと説明や指導を行っている医院がおすすめです。
このようなポイントを満たした歯科医を紹介します。インプラントの治療について疑問に思うこともあると思いますが、歯科医に電話をして相談するのがおすすめです。

香川県で評判のインプラント歯科医院

香川のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名ごうだ歯科医院
住所香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁120−7
通いやすい地域香川 坂出市 丸亀市
郵便番号769-0208
院長名合田大亮
診察時間【月~金】9:30~13:00、15:00~20:00、【土】9:30~13:00 ※祝日のある週は土曜20:00時まで診療しています
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

香川県のインプラント歯科医院について
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。 人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。 チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。 インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。 もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。 入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。 その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。 入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。 インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。 高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。 いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。 実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。 なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。 ただし、おおよそ相場は決まっています。 インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。 手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。 普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。 メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。 標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。 歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。 その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。 陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。 高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。 当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。 年々進化を続けるインプラントの技術。 近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。 人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。 これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。 技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。 様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるという手段もあります。 インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。 長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。 インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。 しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。 現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。 人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。 せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。 けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。 自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。 歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。 麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。 局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。 術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。 化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
概要