トップページ >  > 茨城県のインプラント歯科医院、おすすめは?

インプラントで茨城県の歯科クリニックを選ぶポイント

年々とインプラント治療を受ける人が増えてきました。今までと比べると歯科医のインプラントの技術も向上しています。安全性の高いインプラントが普及してきました。インプラントで歯科医を選ぶなら、チェックしたいポイントが幾つかあります。
それはインプラント治療の実績と、ブラッシング指導などのアフターケアを行っていることです。インプラント治療の実績が多いほど安心して治療を受けられます。そして、インプラントした歯を長持ちさせるには歯周のケアをすることが大切です。その指導を行ってくれるところが良いです。
このような点で選んだ歯科医を紹介します。インプラントの治療について疑問に思うことがある場合は、歯科医院に電話をして相談するのがおすすめです。

茨城県で評判のインプラント歯科医院

茨城のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名ジェイズ歯科
住所茨城県水戸市袴塚1-7-8
通いやすい地域茨城 水戸市
郵便番号310-0055
院長名石川仁
診察時間
休院日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

茨城県のインプラント歯科医院について
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。 義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。 そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。 なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。 ネットのレビューなども参考になります。 これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。 一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。 義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。 せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。 インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。 この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。 より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。 埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。 けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。 普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。 メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。 全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。 忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。 これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。 また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。 こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。 インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。 保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。 治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。 どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。 外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。 ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。 どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。 人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。 人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。 チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。 健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。 もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。 どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。 健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。 現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。 現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。 それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。 手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。
概要