トップページ >  > 岐阜県でインプラントならこの歯科医院がおすすめ

インプラントで岐阜県の歯科医を選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをする人が増えてきました。最近では、デンタルクリニックでのインプラントの技術も向上しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラントが可能になっています。インプラント治療を受ける歯科医を選択するなら、チェックしたいポイントがあります。
それは技術力とアフターケアです。インプラントの症例が多い医院の方が信頼できます。そして、インプラント治療後にはブラッシングが大切なので、そのようなアフターケアを行っている歯科医が良いです。
このような点で選んだクリニックを紹介しています。インプラント治療のことで不安に思うことなどがあるなら、クリニックに電話をして相談してみると良いです。

岐阜県で評判のインプラント歯科医院

岐阜のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名ただこし歯科クリニック
住所岐阜県可児郡御嵩町古屋敷172-1
通いやすい地域岐阜 多治見市、可児市、御嵩町
郵便番号505-0123
院長名只腰 哲章
診察時間【月~金】9:00~12:00 14:00~19:00、【土】9:00~12:00 14:00~18:00
休院日日曜
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名まなべ歯科クリニック
住所岐阜県岐阜市鏡島南1丁目11-15
通いやすい地域岐阜 岐阜市
郵便番号501-0115
院長名眞鍋 圭介
診察時間【月・火・金】9:30~13:00 14:30~20:00、【水曜】9:30~13:00 14:30~18:30、【土曜・日曜】9:30~13:00 14:30~17:30
休院日木曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名早野歯科医院
住所岐阜県大垣市荒尾町1813-2
通いやすい地域岐阜 大垣市
郵便番号503-0034
院長名早野泰弘
診察時間【月~土、祝日】9:00~12:00 14:30~19:00
休院日日曜日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

岐阜県のインプラント歯科医院について
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。 まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。 当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。 一方、インプラントは原理が全く異なります。 これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。 自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。 インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。 しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。 治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることは十分可能になりました。 入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。 あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。 どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。 人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。 人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。 ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。 ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。 インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。 もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。 歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。 近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。 人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。 埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。 腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。 もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。 こうなれば我慢は必要ありません。 すぐに診療を受けましょう。 人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。 なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。 インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。 もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。 歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。 虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。 しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。 どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。 この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。 また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。 成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。 全ての患者に関わるのは、高額な費用です。 難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。 あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。 本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
概要