トップページ >  > 福岡県でインプラントするなら、この歯科医院

インプラントで福岡県の歯科医院を選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをする方が増えています。歯科医師の間でも協会を作ったり勉強するなどして、デンタルクリニックでのインプラントの技術も向上しています。痛みもなく安全なインプラントが普及してきました。インプラントで歯科医を選択するなら、確認したいポイントがいくつかあります。
そのポイントとは治療の実績とアフターケアを行っていることです。インプラント治療の実績が豊富な方が安心です。そして、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングが大切なので、そういった指導をしているクリニックを選びましょう。
そのような点を抑えた歯科医を紹介します。インプラントについて疑問に思うことがある場合は、歯科医に電話をして相談するのがおすすめです。

福岡県で評判のインプラント歯科医院

福岡のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名むらおか歯科
住所福岡県朝倉市一木1146-1
通いやすい地域福岡 朝倉市
郵便番号838-0065
院長名村岡卓也
診察時間【月~金】9:30~13:00 14:30~19:30、【土】9:30~13:00 15:00~18:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名もり歯科医院
住所福岡県北九州市小倉南区中貫1-14-13
通いやすい地域福岡 小倉市
郵便番号800-0237
院長名森裕之
診察時間【月・火・水・金】9:30~13:00 14:30~18:30、【土】9:30~16:30 ※ 第1・3・4土曜日のみ
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名吉川歯科医院
住所福岡県福岡市南区大橋4-13-28
通いやすい地域福岡市南区
郵便番号815-0033
院長名吉川 和則
診察時間
休院日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

福岡県のインプラント歯科医院について
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。 義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。 これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。 ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。 歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。 セルフケアを怠ってはなりません。 日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。 どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。 手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。 普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。 血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。 日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。 歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。 インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。 切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。 術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。 人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。 腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。 もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。 指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。 1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。 インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。 口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。 治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。 また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。 ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。 インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。 地域によってかなり料金は異なります。 また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。 チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。 何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。 「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。 まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。 当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。 対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。 自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。 チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。 インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。 治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。 様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。 でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。 歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。 よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。
概要
_