トップページ >  > インプラント治療が受けられないケースとは?

インプラント治療が受けられないケースとは?

インプラント治療が受けられないケースは、簡単に言うと、持病がある人です。病気の症状が重い人や、身体の状態が安定していない人は、インプラント治療を受けることが難しくなります。全身疾患のある人で、インプラント治療を受けたい人は、まず、かかりつけ医に相談する必要があります。インプラント治療は、歯茎を切り開いて、あごの骨にインプラントを埋め入れる外科手術になるので、通常の歯科治療とは異なります。外科手術は身体に大きな負担をかけることになるので、身体の状態が思わしくない人は、治療を断られることがあります。糖尿病の人で、血液の循環が悪く、感染しやすい人は、基本的にインプラント治療は受けられません。血糖値などのコントロールができていない人は、難しく、糖尿病の場合、血液の循環が悪く、傷が治りにくいので、インプラント治療すると、傷口から感染しやすいリスクがあります。治療中のストレスで、高血糖や低血糖状態に陥る可能性もあります。心臓に疾患がある人も、インプラント治療は受けられません。発作を起こす可能性があるからです。
インプラント治療が受けられないケースは、簡単に言うと、持病がある人です。病気の症状が重い人や、身体の状態が安定していない人は、インプラント治療を受けることが難