トップページ >  > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れは、どのようになっているのかといいうと、まず、インプラント治療するに当たっては、精密検査をして治療計画を確認します。インプラント治療を行う前には、しっかりカウンセリングしていきます。施術前には、今の歯の状態をチェックします。そして骨格や骨の硬さ、大きさ、かみ合わせなども確認します。口の中全体を見て、インプラント治療に適しているのかどうかを判断します。レントゲンやCTスキャンなどを使って、口腔環境と骨格を確認し、その上で、その人に合った治療方針を決定します。どのような形で施術するのか、治療法、通院期間などは、治療の前のカウンセリングで決まります。インプラント治療は、骨の強度が足りない人はすぐに取りかかることはできません。造骨手術が必要になります。インプラント治療が決まったら、まず1次手術が施されます。歯茎を切開してアゴの骨を削り、歯の土台となる人工歯根を埋め込むのですが、手術時間は1~3時間程度です。その後、消毒や抜糸をしながらインプラントと骨が定着するのを待ちます。定着したら2次手術に入り、連結部分の装着手術をします。2次手術から約1~6週間後に人工歯をかぶせれば、インプラント治療が完了します。
インプラント治療の流れは、どのようになっているのかといいうと、まず、インプラント治療するに当たっては、精密検査をして治療計画を確認します。インプラント治療を行